次回の勉強会をご案内申しあげます。
 この4月より新年度を迎えられます企業も多いことかと思います。今回のセミナーは新年度に向けまして、最後まで標準化が遅れております営業部の標準化につきまして勉強します。
 
 @営業の仕組みや標準化がなされていないために管理職の方が効果的な管理ができない。
 A管理の基本はやはり「P-D-C-A」のデミングサイクルです。しかしこれは標準化がなされていることが条件になります。
 B自社の物の売り方のマニュアル化ができていないことは営業管理のやり様がありません。結果として管理が感情的になり、尻叩きや営業社員個人の責任になすりつけてしまう。
 C営業部の標準化は企業の中でもたいへん重要な戦略になります。営業収益にも直結しています。

 上記をふまえまして、営業の標準化の見本を具体的に提示しながら貴社の場合の貴重な資料となりますよう勉強をいたします。
 要は、製品の製造マニュアルがあれば、細かく管理はできますが、マニュアル化されていないものは管理ができないということです。 

 ご多忙のところではありますが、ぜひ、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

テーマ  「営業の標準化の仕方と営業管理の方法」
日時  2月23日(金) 18:30〜20:00
場所

 札幌市中央区南2条西3丁目片岡ビル 3階A会議室
 駐車場有り(有料) 
 東向き一方通行南向き、札幌信用金庫本店東隣

料金 ¥5,000-/お一人様 (当日ご持参下さい)
申込 FAX 011−896−1766
E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

会社名、お名前、役職名、人数、電話番号、FAX番号を記入の上、お申し込み下さい。

問合せ п@011-896-1766 携帯電話 090-3111-6198

本間マーケティング研究所 本間 賢一

E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

過去のテーマ(ナンバーワン倶楽部)       TOPへ