拝啓
  初夏の候、貴台には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご支援を賜り、
 改めて厚く御礼を申し上げます。
  今回は、戦略の重要な三つのポイントの内の一つである重点化について勉強いたします。
  今、重点化しているものを持っていない企業が苦戦をしています。言い方を変えますと苦戦
  している企業は重点化しているものを持っていないということです。

  苦戦している企業を見ますと、
  @取扱商品の種類が多い。(切捨てができていない)
  Aターゲット(地域、顧客、商品など)の絞込みができていない。
  B結果としてノウハウの蓄積ができている市場を持っていない。
  上記のようないくつかの特徴があります。

  札幌市内でも郊外型のレストランが中華、和食、ハンバーグ、ステーキなどと専門化(重点化)
 されています。重点化がなぜ必要なのか、またどんな効果があるのかを見ますと、
  @競合他社よりも少ない「ヒト・モノ・カネ」を1点に集中させることができる。
  A集中は勝つための鉄則である。街の電気屋さんが大型家電量販店とは違う顧客層に
    集中して売上を伸ばしている事例がたくさんあります。これも集中(重点化)です。
  B重点化こそ競合他社に差別化ができるノウハウ(ヒト・モノ・カネ)を蓄積できる。

  今回は、重点化(集中化)について勉強いたします。
  是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。                     敬具
 
テーマ  「重点化(集中化)の効果とそのやり方
(重点化の設定の仕方、考え方なども含む)
日時  06月24日(火) 18:30〜20:00
場所

 札幌市中央区南2条西3丁目 片岡ビル  5階 A会議室
 札幌信用金庫本店東隣 東向き一方通行南向き ドンキホーテ向い
 駐車場有り(有料)
 背の高いクルマは片岡ビルの東隣に青空駐車場有り(有料)

料金 ¥5,000-/お一人様
(当日受付にてお支払いください。(税込み))
申込 FAX 011−896−1766
E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

会社名、お名前、役職名、人数、電話番号、FAX番号を記入の上、お申し込み下さい。

問合せ п@011-896-1766 携帯電話 090-3111-6198

本間マーケティング研究所 本間 賢一

E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

過去のテーマ(ナンバーワン倶楽部)       TOPへ