第47回 マーケティング戦略セミナー

                                                               顧客データ分析と戦略的活用のポイント

                                                                 〜 データ分析能力なくして戦略なし 〜
 
  顧客情報の重要性は十分に認識がされています。しかし、知識と行動の間に大きな隔たりがあり、
現実には戦略的活用はおろか営業マン個人の所有物として扱われ、社内放置・散乱し、最終的には社内から消滅しているのが実体であります。
 この研修会では顧客データの分析により、成熟市場の攻める切り口をどう捉えるのかが見えてきます。
顧客データの分析の仕方、顧客情報の収集の仕方、戦略的利用方法、また顧客情報収集による営業マンの効果などを学びます。

顧客情報の再認識ができれば・・・・・

 ○最も効果のある顧客の「狙い撃ち」ができます。
  ○売るべき顧客に、売るべき商品が提供できます。
  ○顧客の「顔」が見えれば、打つ手は自ずから出てきます。
  ○場当たり的値引き営業から、価格以外の差別化戦略で戦うことができます。
  ○成熟市場への市場戦略構築の基本が確立できます。(重点化、差別化、戦略目標の設定)

データの分析能力が持てれば・・・・・

  ♯データの分析ができれば、的確な「決断」ができます。
  ♯データの分析ができれば、戦わなければならない「競合・敵」が特定できます。
  ♯データが分析できれば、自社の重点市場が分かり、「拠点主義」の戦略が作れます。
  ♯データが分析できれば、流通業は顧客の「店内シェア」拡大戦略が明確になります。
  ♯データが分析できれば、先発には先発の戦略、後発には後発の戦略を策定できます。

〇「出前研修」も実施しています。お気軽にお問合せ下さい。

テーマ  顧客データ分析と戦略的活用のポイント
日 時  10月14日(木) 18:30〜20:00
場 所

 札幌市中央区南2条西3丁目 片岡ビル  5階 A会議室
 札幌信用金庫本店東隣 東向き一方通行南向き ドンキホーテ向い
 駐車場有り(有料)
 背の高いクルマは片岡ビルの東隣に青空駐車場有り(有料)

受講料 ¥5,000-/お一人様
(当日受付にてお支払いください。(税込み))
お申込 FAX 011−896−1766
E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

会社名、お名前、役職名、人数、電話番号、FAX番号を記入の上、お申し込み下さい。

お問合 п@011-896-1766 携帯電話 090-3111-6198

本間マーケティング研究所 本間 賢一

E-mail : kenhonma@lapis.plala.or.jp

過去のテーマ(ナンバーワン倶楽部)       TOPへ