【VISION Collabo. Office 経営改善セミナー】

社員が本当の「ヤル気」を出せば売上げは上がる!
業績向上の第一歩『VISION』説明会
〜 「ビジョン」「仕組み」「コミュニケーション」で組織を活性化する 〜

「砂上の楼閣」になっていませんか?  
あなたの会社はこのような状況に陥っていませんか?
・「人事制度やISO、業務管理などの仕組みを導入しても、運用がうまくいかない」
・「コンサルタントに高いお金を払って売上げ改善を講じたが長続きしない」
・「高いITシステムを導入したのに、さっぱり業績に反映しない」
 どんなにすばらしい「仕組み」を構築しても、それが脆弱な組織基盤の上に立つものであれ
ば、砂の上に立てた鉄骨建築のようなものです。一時的な成果は期待できても、時間とともに
傾き使い物にならなくなるばかりか、建て直しさえ難しくなってしまいます。
 
経営改善の基本は組織活性化!  
では、どうすればよいのか?
 @ まず砂地になっている組織を地固めして、建物「仕組み」を建てられる環境にし、
 A 目指すべき姿「ビジョン」明確にした上で、
 B 組織の体力とビジョン達成に必要十分な「仕組み」を構築すること。
それが、結局は持続的かつ効率的な経営改善の方法なのです。
”組織活性化の決め手は「コミュニケーション」”、コミュニケーションがとれなければ、どんなに
すばらしいビジョンを描いても、それは社員に浸透しません。どんなにすばらしい仕組みを
作ろうとしても、本当に自分たちに必要にならず、結局はコンサルタントのお仕着せの
仕組みを押し付けられてしまうのが関の山です。
 
「VISION」が会社を救う!  
 そこで生まれたのが、全く新しい経営改善プロセス「VISION」です。
「VISON]とは、成果を生み出す源泉である「現場社員のヤル気」に商店を当てた、3つの改善の視点です。
 @ ビジョン (Vision)…社員が会社のビジョン、自分の目標に納得できていること。
 A 「ヤル気」を生み出す仕組み (tructure)…業績管理、評価、報酬の仕組みがあること。
 B コミュニケーション (Communication)…上司、同僚、部下、他部署とのコミュニケーション。
この3つの視点から自社の現状を認識し、改善を進めていくのが「VISIONプロジェクト」です。
改善の主役は「自分たち」。コンサルタントはあくまでもサポート役に徹します。
 本説明会では、この3つの視点から経営改善を図るプロセス『VISION』を、ご紹介します。
後半はワークショップ形式により、その一部を「体感」していただくこともできます。
どうぞお気軽にご参加ください。
 
説明会開催のご案内
日時 平成17年3月4日(金)13:30〜16:30 対象者 企業の経営者、役員、経営改善担当者様と
させていただきます。
会場 ホテルエルム札幌 2F
札幌市中央区北1条西7丁目西向き
011-231-1361
駐車場有(STVの東向い、かでる2.7の南側)
お申込 申込書に必要事項を記入の上、FAXにてご返送ください。
参加料 2,000円/お一人様(税込)
※当日受付にてお支払いください。
お問合 株式会社 SOC総合研究所 本間賢一
Tel:011-865-0422 Fax:011-865-0423

申込書

VISION Collabo. Office
株式会社 SOC総合研究所
札幌市白石区中央2条6丁目1−38
Tel:011-865-0422 Fax:011-865-0423

マネージメント・パートナーズ
札幌市西区吹井4丁目13−3

出張研修承ります。どうぞお気軽にご連絡ください。